18/12/12 No.111 SS さん

アコギ

●フィンガリング  ●フォーム考察


構え方は常に意識しましょう。どうやれば無理・無駄がないのかを考えると自ずと良いフォームに近づいていきます。

ギターは体の正面(肩のラインに平行)ではなく、やや斜めに構えたほうが弾きやすいです。左手を覗きこみたいがためにネックを自分のほうに引っ張ると、右腕を余計に前に出すハメになります。左手も右手も楽な位置で弾いてください。

右手はまだ手首の回転に頼りがちです。手首のほうが先に6弦の位置に到達してそこからピックを捻り出すような形になっています。手首はまっすぐに(ただし力まない)。ピックのほうが先に6弦の位置に到達するように。そしてできるだけ弦の並びに対して平行にピックの軌道を描きましょう。コツは少し掴めたと思います。

ギターにはピックガードというものがついていますが、本来これは必要のないものです。ピックガードを傷つけないように弾けるようになりましょう♪

最新記事

すべて表示

21/06/12 No.101 SKさん

ドラム ●01、03チェンジアップ ●33三連コントロール ●リムショット練習 ●16ビート基本 三連、間抜きバージョンはかなり慣れてきました。裏からの意識が薄れると安定しなくなるので注意しましょう。“タッタ”ではなく“ンタタ”です。 チェンジアップ03の6小節目はもう少しです。キックは4分のタイミング、つまりクリックと重なります。4カウントを聞いて叩き始められるということは、クリックから次のクリ

21/06/11 No.103 TGさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「Beyond The Time」TM NETWORK Fの人差し指で苦戦中ですね。5・6弦のみでやってみましたが、この時点で5弦が鳴っていないので人差し指の使い方を修整しましょう。セーハは人差し指をどれだけ密着させられるか、がカギです。指をまっすぐにしているつもりでも押さえようとしている以上、どうしても人差し指が曲がります。つまり指板から浮く状態

21/06/10 No.111 SSさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1、1.1 ●「It's So Easy」Linda Ronstadt ストロークは全体的には出音がよくなりましたが、コードの頭がアップで始まるパターンはやや苦手なようです。アップの動き自体が悪いというよりも、構え方の問題かもしれません。ボディやネックが自分の肩のラインと並行になるように構えると、どうしても右手の肘が張り出します。また、左手を近めにしたい