19/04/26 No.103 TG さん

アコギ

●フィンガリング ●「やさしくなりたい」斉藤和義


ストロークは16分の細かい音が入ってきますが、ここをしっかり弾こうとするとなかなかうまくいきません。さりげなく「チャカっ」と鳴らすことが理想です。右手をできるだけ脱力して、ピックの軌道をもう少し意識しましょう。何も意識せずに弾くとピックの軌道はボディに突き刺さるような方向になり、6弦に比べ1弦のほうがピックが深く入ってしまいます。全ての弦で当たる条件が揃うように。ボディに対してできるだけ平行な軌道を描くようにしましょう。いつもよりややピックが浮いていくようなイメージで弾くと丁度良いでしょう♪

最新記事

すべて表示

21/06/19 No.116 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●アルペジオ練習 ●「炎」LiSA アルペジオのときに右手の小指を固定しないようにしましょう。ピックを持っている指先を動かすのではなく、手首全体を動かすようにします。そうすると小指が固定されず、手首の動きについてくるようになり、楽に弾けます。 「炎」BメロにG/Bが出てきます。普通のGから6弦をぬいた形になりますが、そのまま中指・小指で押さえていると

21/06/12 No.101 SKさん

ドラム ●01、03チェンジアップ ●33三連コントロール ●リムショット練習 ●16ビート基本 三連、間抜きバージョンはかなり慣れてきました。裏からの意識が薄れると安定しなくなるので注意しましょう。“タッタ”ではなく“ンタタ”です。 チェンジアップ03の6小節目はもう少しです。キックは4分のタイミング、つまりクリックと重なります。4カウントを聞いて叩き始められるということは、クリックから次のクリ

21/06/11 No.103 TGさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「Beyond The Time」TM NETWORK Fの人差し指で苦戦中ですね。5・6弦のみでやってみましたが、この時点で5弦が鳴っていないので人差し指の使い方を修整しましょう。セーハは人差し指をどれだけ密着させられるか、がカギです。指をまっすぐにしているつもりでも押さえようとしている以上、どうしても人差し指が曲がります。つまり指板から浮く状態