20/02/08 No.103 TGさん

最終更新: 2020年2月22日

アコギ

●ストロークver1 ●ストレッチ


肩まわりをストレッチしました。楽器演奏は身体の状態が良いに越したことはありません。肩だけでなく、首、腰、腕、指。できるだけ全身をほぐすようにしていくと演奏にも良い影響が出てきます。左右どちらかだけに負荷がかたよらないように。負荷がかかる場合は、筋肉がかたくなる前にリセットです。

コードはやはり1弦の鳴りが弱いです。オープンコードでも同じ状態なので、ストロークの軌道を少し修整したほうがいいでしょう。6~1弦方向にむかって少しだけピックが浮くような軌道になっているので、逆に少しだけ沈めるような軌道にしましょう。ほんとにほんの少しでOKです。1mmレベルで微調整してください。最終的には耳で1弦が鳴っているかを判断できるようになっていきましょう♪



最新記事

すべて表示

21/06/12 No.101 SKさん

ドラム ●01、03チェンジアップ ●33三連コントロール ●リムショット練習 ●16ビート基本 三連、間抜きバージョンはかなり慣れてきました。裏からの意識が薄れると安定しなくなるので注意しましょう。“タッタ”ではなく“ンタタ”です。 チェンジアップ03の6小節目はもう少しです。キックは4分のタイミング、つまりクリックと重なります。4カウントを聞いて叩き始められるということは、クリックから次のクリ

21/06/11 No.103 TGさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「Beyond The Time」TM NETWORK Fの人差し指で苦戦中ですね。5・6弦のみでやってみましたが、この時点で5弦が鳴っていないので人差し指の使い方を修整しましょう。セーハは人差し指をどれだけ密着させられるか、がカギです。指をまっすぐにしているつもりでも押さえようとしている以上、どうしても人差し指が曲がります。つまり指板から浮く状態

21/06/10 No.111 SSさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1、1.1 ●「It's So Easy」Linda Ronstadt ストロークは全体的には出音がよくなりましたが、コードの頭がアップで始まるパターンはやや苦手なようです。アップの動き自体が悪いというよりも、構え方の問題かもしれません。ボディやネックが自分の肩のラインと並行になるように構えると、どうしても右手の肘が張り出します。また、左手を近めにしたい