20/03/21 No.115 MMさん

エレキ

●「Everything Back But You」アヴリルラヴィーン


テンポが速いのでサビが問題ですね。パワーコードなので右手はできるだけコンパクトに、6~4弦の幅だけを動くようにしましょう。空振りしてもいいやー、くらいのつもりでピックを浅く浅く当てていきます。左手は移動を素早く。弦がフレットに触れた瞬間に音は鳴るので、ここで止める力加減を覚えこませましょう。クリックを原曲より少しだけオーバーさせて練習したので、曲に合わせたときは余裕があったと思います。曲と同じテンポで練習をすると、そこが限界値になるのでいつまでたっても余裕が生まれません。原曲より+2~4くらい速いテンポで練習すると余裕をもって弾けるようになります。

イントロのときはAメロ。Bメロのときはサビ。など、常に少し先をイメージしながら弾くようにしていきましょう♪

最新記事

すべて表示

21/06/19 No.116 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●アルペジオ練習 ●「炎」LiSA アルペジオのときに右手の小指を固定しないようにしましょう。ピックを持っている指先を動かすのではなく、手首全体を動かすようにします。そうすると小指が固定されず、手首の動きについてくるようになり、楽に弾けます。 「炎」BメロにG/Bが出てきます。普通のGから6弦をぬいた形になりますが、そのまま中指・小指で押さえていると

21/06/12 No.101 SKさん

ドラム ●01、03チェンジアップ ●33三連コントロール ●リムショット練習 ●16ビート基本 三連、間抜きバージョンはかなり慣れてきました。裏からの意識が薄れると安定しなくなるので注意しましょう。“タッタ”ではなく“ンタタ”です。 チェンジアップ03の6小節目はもう少しです。キックは4分のタイミング、つまりクリックと重なります。4カウントを聞いて叩き始められるということは、クリックから次のクリ

21/06/11 No.103 TGさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「Beyond The Time」TM NETWORK Fの人差し指で苦戦中ですね。5・6弦のみでやってみましたが、この時点で5弦が鳴っていないので人差し指の使い方を修整しましょう。セーハは人差し指をどれだけ密着させられるか、がカギです。指をまっすぐにしているつもりでも押さえようとしている以上、どうしても人差し指が曲がります。つまり指板から浮く状態