20/06/03 No.111 SSさん

アコギ

●フィンガリング ●ストロークver1、ver1.1 ●「It's So Easy」Linda Ronstadt


右手は肘を固定して肘から先の回転運動だけになると、5・6弦の低音弦が鳴らしにくくなります。腕全体の上げ下げもプラスしましょう。

左手は親指の位置を意識してください。D→G→Em→Aのパターンのときに、Em→A(どちらも2F上)の親指の位置のままDやGにチェンジしています。DやGは3Fも使うのでEmやAのときよりも少し右に移動させましょう。こうすることでフレットのギリギリを押さえられ綺麗に鳴らせます。

「It's~」Bコードがあることでややスムーズさに欠けるようです。Bの押さえ方自体が問題というよりも、目線の問題でしょう。Eを「鳴らしている間中」Eのポジションを見る必要はありません。Eを押さえたら次のBのポジションに目線を落とすようにしましょう。身体と連動していないと混乱するので、ブラッシングのタイミングで次のポジションへと移すと良いです。レッスン中にコツはつかめましたね。その感覚を忘れないようにしてください♪

最新記事

すべて表示

21/06/12 No.101 SKさん

ドラム ●01、03チェンジアップ ●33三連コントロール ●リムショット練習 ●16ビート基本 三連、間抜きバージョンはかなり慣れてきました。裏からの意識が薄れると安定しなくなるので注意しましょう。“タッタ”ではなく“ンタタ”です。 チェンジアップ03の6小節目はもう少しです。キックは4分のタイミング、つまりクリックと重なります。4カウントを聞いて叩き始められるということは、クリックから次のクリ

21/06/11 No.103 TGさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「Beyond The Time」TM NETWORK Fの人差し指で苦戦中ですね。5・6弦のみでやってみましたが、この時点で5弦が鳴っていないので人差し指の使い方を修整しましょう。セーハは人差し指をどれだけ密着させられるか、がカギです。指をまっすぐにしているつもりでも押さえようとしている以上、どうしても人差し指が曲がります。つまり指板から浮く状態

21/06/10 No.111 SSさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1、1.1 ●「It's So Easy」Linda Ronstadt ストロークは全体的には出音がよくなりましたが、コードの頭がアップで始まるパターンはやや苦手なようです。アップの動き自体が悪いというよりも、構え方の問題かもしれません。ボディやネックが自分の肩のラインと並行になるように構えると、どうしても右手の肘が張り出します。また、左手を近めにしたい