20/10/22 No.113 NOさん

エレキ

●フィンガリング ●ロックリフ ●「恋人がサンタクロース」松任谷由実


ブリッジミュートは奥が深いですね。ミュートポイントは、手のひらの側面ポイント、上下(ダウンアップ方向)、左右(ネック⇄ボディ方向)、深さ(手の圧)、手首の角度、などに加え、手のひらの開閉も関わってきます。手のひらをパッと開いて弾くときと、小指を親指側に寄せて全体をすぼめて弾くときとで、勝手が違ってきます。ギター自体の個体差(ピックアップの数やブリッジの形状、弦高など)も考慮しながら色々と試してみてください。状況に応じて微調整できることが理想です。

「恋人が〜」サビまで確認できました。サビ直前はミュートのON・OFFプラス、シンコペーションです。タイミングを見失わないようにしましょう。イントロやサビで単音フレーズが出てきますが、丸暗記ではなくまず大元のコードを把握しましょう。そこからフレーズの各音の度数が何に当たるのか、を意識できるようになると別曲やアドリブで活かせるようになっていきます♪

最新記事

すべて表示

21/06/19 No.116 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●アルペジオ練習 ●「炎」LiSA アルペジオのときに右手の小指を固定しないようにしましょう。ピックを持っている指先を動かすのではなく、手首全体を動かすようにします。そうすると小指が固定されず、手首の動きについてくるようになり、楽に弾けます。 「炎」BメロにG/Bが出てきます。普通のGから6弦をぬいた形になりますが、そのまま中指・小指で押さえていると

21/06/12 No.101 SKさん

ドラム ●01、03チェンジアップ ●33三連コントロール ●リムショット練習 ●16ビート基本 三連、間抜きバージョンはかなり慣れてきました。裏からの意識が薄れると安定しなくなるので注意しましょう。“タッタ”ではなく“ンタタ”です。 チェンジアップ03の6小節目はもう少しです。キックは4分のタイミング、つまりクリックと重なります。4カウントを聞いて叩き始められるということは、クリックから次のクリ

21/06/11 No.103 TGさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「Beyond The Time」TM NETWORK Fの人差し指で苦戦中ですね。5・6弦のみでやってみましたが、この時点で5弦が鳴っていないので人差し指の使い方を修整しましょう。セーハは人差し指をどれだけ密着させられるか、がカギです。指をまっすぐにしているつもりでも押さえようとしている以上、どうしても人差し指が曲がります。つまり指板から浮く状態