20/12/04 No.113 NOさん

エレキ

●フィンガリング ●ロックリフ

●「This Masquerade」George Benson ●「恋人がサンタクロース」松任谷由実


ロックリフ、スライドの箇所は中指を添えたとしてもあくまで薬指のみでスライドさせましょう。滑りが悪くなります。また、フレットの大きさによって滑り心地が変わってくるので、弾いているギターのフレットがどういう状態なのかも意識しながら押さえ加減を調整するようにしてください。

E7(#9)は小指がまだ上ずっています。小指は構造上、自分が思っているポイントよりもやや先の方に着地してしまいます。この場合、2弦を押さえますが「1弦のつもりで」小指の動きをセーブしてみるのも良いでしょう。

「This〜」2弦6・8FからCm7へと飛ぶ箇所は、タイミングを修整しましょう。譜面を見ながら弾くにしても、「譜面の記載どおりの音の長さにはならない」ことが多々あります。この場合、小節の頭がCm7のコードなのでCm7が記載してあるポイントで準備しても間に合いません。前の小節のギリギリ(16分音符の最後とか32分音符の最後くらい)で3〜5Fあたりに空中待機させます。2弦6Fの音は8Fに比べてほんの少しだけ短くなるとうことです。あらゆる場面で言えることなので、このへんの意識ができるとテンポが安定してきます。

「恋人〜」サビのBmの箇所のフレーズが課題ですね。一旦、3弦チョーキング→ダウン→プリングと、4弦ジョイントを分けて練習しましょう。一気にやろうとすると流れてしまいます。3弦のプリングが綺麗に完了したのを確認してから4弦に移ってください。慣れてきたらその間隔を縮めていけばOKです。中指補助はチョーキングのときのみで、ダウンでは無くしたほうがスムーズにいきます♪

最新記事

すべて表示

21/06/12 No.101 SKさん

ドラム ●01、03チェンジアップ ●33三連コントロール ●リムショット練習 ●16ビート基本 三連、間抜きバージョンはかなり慣れてきました。裏からの意識が薄れると安定しなくなるので注意しましょう。“タッタ”ではなく“ンタタ”です。 チェンジアップ03の6小節目はもう少しです。キックは4分のタイミング、つまりクリックと重なります。4カウントを聞いて叩き始められるということは、クリックから次のクリ

21/06/11 No.103 TGさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「Beyond The Time」TM NETWORK Fの人差し指で苦戦中ですね。5・6弦のみでやってみましたが、この時点で5弦が鳴っていないので人差し指の使い方を修整しましょう。セーハは人差し指をどれだけ密着させられるか、がカギです。指をまっすぐにしているつもりでも押さえようとしている以上、どうしても人差し指が曲がります。つまり指板から浮く状態

21/06/10 No.111 SSさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1、1.1 ●「It's So Easy」Linda Ronstadt ストロークは全体的には出音がよくなりましたが、コードの頭がアップで始まるパターンはやや苦手なようです。アップの動き自体が悪いというよりも、構え方の問題かもしれません。ボディやネックが自分の肩のラインと並行になるように構えると、どうしても右手の肘が張り出します。また、左手を近めにしたい