21/01/22 No.113 NOさん

エレキ

●フィンガリング ●ロックリフ

●「恋人がサンタクロース」松任谷由実


ピックを浅く当てるためには「いつもの自分の感覚」を修整する必要があります。

右手を置く場所や角度などでしっくりくる位置があるかと思いますが、それよりもやや上(ボディから垂直に離れる方向)です。ピックが弦に当たらないかも、と思えるくらいの位置がベストです。またピックのアングルも工夫してみましょう。これは弦の並びに対して並行かどうかという角度です。順アングル・並行アングル・逆アングルとありますが、甘い音を出したいのなら逆アングルがむいています。弦やギターの材・パーツを変更するのもありですが、まずはピッキングの技術でトーンをコントロールできるようになりましょう。

「恋人〜」2番Aメロは同じことの繰り返しなので問題ないでしょう。Bメロも最後がG→Eとなるだけでほぼ同じです。ソロ序盤はいきなりチョーキングから入ります。チョークダウンのあとすぐに4弦7〜9Fをスライドで行き来します。ここは雑になりやすいので注意しましょう。チョークダウンの音をしっかり出してからスライドに移行してください。4弦9Fチョーキングは上方向が難しければ下方向でもOKです。弾きやすい方を選択してください♪

最新記事

すべて表示

21/06/19 No.116 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●アルペジオ練習 ●「炎」LiSA アルペジオのときに右手の小指を固定しないようにしましょう。ピックを持っている指先を動かすのではなく、手首全体を動かすようにします。そうすると小指が固定されず、手首の動きについてくるようになり、楽に弾けます。 「炎」BメロにG/Bが出てきます。普通のGから6弦をぬいた形になりますが、そのまま中指・小指で押さえていると

21/06/12 No.101 SKさん

ドラム ●01、03チェンジアップ ●33三連コントロール ●リムショット練習 ●16ビート基本 三連、間抜きバージョンはかなり慣れてきました。裏からの意識が薄れると安定しなくなるので注意しましょう。“タッタ”ではなく“ンタタ”です。 チェンジアップ03の6小節目はもう少しです。キックは4分のタイミング、つまりクリックと重なります。4カウントを聞いて叩き始められるということは、クリックから次のクリ

21/06/11 No.103 TGさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「Beyond The Time」TM NETWORK Fの人差し指で苦戦中ですね。5・6弦のみでやってみましたが、この時点で5弦が鳴っていないので人差し指の使い方を修整しましょう。セーハは人差し指をどれだけ密着させられるか、がカギです。指をまっすぐにしているつもりでも押さえようとしている以上、どうしても人差し指が曲がります。つまり指板から浮く状態