21/06/11 No.103 TGさん

アコギ

●フィンガリング ●ストロークver1

●「Beyond The Time」TM NETWORK


Fの人差し指で苦戦中ですね。5・6弦のみでやってみましたが、この時点で5弦が鳴っていないので人差し指の使い方を修整しましょう。セーハは人差し指をどれだけ密着させられるか、がカギです。指をまっすぐにしているつもりでも押さえようとしている以上、どうしても人差し指が曲がります。つまり指板から浮く状態になります。これを防ぐために“反らせる”つもりで押さえましょう。始めは鳴らなくても徐々に感覚がつかめてくるはずです。

「Beyond〜」4文字言葉で数えるのはいいですが、7小節目にさしかかると数え方自体が間延びしています。一定のテンポを崩さないようにしましょう。7小節目のストロークは複雑に見えますが、実は右手の動きとしては3・5小節目と同じです。3・5小節目はダウン(アップ空)ダウン(アップ空)で、7小節目はダウン(アップ空)(ダウン空)アップ、となります。当てるか当てないかの差だけなのであまり難しく考えすぎないようにしてください♪

最新記事

すべて表示

21/07/24 No.116 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●アルペジオ練習 ●「炎」LiSA ストローク、アルペジオなどは一つ一つはきれいに弾けています。あとはできるだけコードの間をあけないように、ゆっくりのテンポでスムーズにつなげられるようにしていきましょう。 「炎」サビ頭まで確認できました。だんだんとコードが増えてきたので覚えるのが大変になっていきます。形を丸暗記するだけでなく、似たようなコードを結びつ

21/07/24 No.120 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「炎」LiSA Gの鳴りがよくなりました。1弦小指の音もしっかり出ています。油断すると薬指が5弦中指を邪魔するので注意しましょう。ストロークのアップは自分が思ったより右手が上がっていなかったりするので、しっかり上げるようにしてください。 「炎」サビのE→D#m7(-5)は薬指を残してチェンジしますが、それ以外の指が人差し指先行になっています。人差し

21/07/20 No.119 HKさん

アコギ ●チューニング ●コードについて 各弦をどの音にチューニングしたらいいかを覚えていきましょう。6弦からE、5弦がA、その後D、G、B、E(2オクターブ上)と続きます。 チューナーは一番近い音を拾って表示します。例えば6弦をチューニングしたい場合。現在の音がEに近い音であれば勝手にEを表示してくれるので問題ないですが、大幅にズレてCに近い音だったりするとCと表示されます。真ん中(緑のランプ)