21/06/12 No.101 SKさん

ドラム

●01、03チェンジアップ ●33三連コントロール ●リムショット練習

●16ビート基本


三連、間抜きバージョンはかなり慣れてきました。裏からの意識が薄れると安定しなくなるので注意しましょう。“タッタ”ではなく“ンタタ”です。

チェンジアップ03の6小節目はもう少しです。キックは4分のタイミング、つまりクリックと重なります。4カウントを聞いて叩き始められるということは、クリックから次のクリックまでの時間予測ができているということです。6小節目もしっかり時間予測をして自信を持ってキックを踏んでください。後半、よくなりました。その感覚を忘れないようにしましょう。

16ビートは少しパターンを変えました。8分のタイミングのみだったキックが16分のタイミングでも入ってきます。こうなるとハットの左手と縦が揃うことになるので、しっかり左手とキックを合わせましょう♪

最新記事

すべて表示

21/07/24 No.116 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●アルペジオ練習 ●「炎」LiSA ストローク、アルペジオなどは一つ一つはきれいに弾けています。あとはできるだけコードの間をあけないように、ゆっくりのテンポでスムーズにつなげられるようにしていきましょう。 「炎」サビ頭まで確認できました。だんだんとコードが増えてきたので覚えるのが大変になっていきます。形を丸暗記するだけでなく、似たようなコードを結びつ

21/07/24 No.120 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「炎」LiSA Gの鳴りがよくなりました。1弦小指の音もしっかり出ています。油断すると薬指が5弦中指を邪魔するので注意しましょう。ストロークのアップは自分が思ったより右手が上がっていなかったりするので、しっかり上げるようにしてください。 「炎」サビのE→D#m7(-5)は薬指を残してチェンジしますが、それ以外の指が人差し指先行になっています。人差し

21/07/20 No.119 HKさん

アコギ ●チューニング ●コードについて 各弦をどの音にチューニングしたらいいかを覚えていきましょう。6弦からE、5弦がA、その後D、G、B、E(2オクターブ上)と続きます。 チューナーは一番近い音を拾って表示します。例えば6弦をチューニングしたい場合。現在の音がEに近い音であれば勝手にEを表示してくれるので問題ないですが、大幅にズレてCに近い音だったりするとCと表示されます。真ん中(緑のランプ)