21/06/19 No.116 MTさん

アコギ

●フィンガリング ●ストロークver1 ●アルペジオ練習 ●「炎」LiSA


アルペジオのときに右手の小指を固定しないようにしましょう。ピックを持っている指先を動かすのではなく、手首全体を動かすようにします。そうすると小指が固定されず、手首の動きについてくるようになり、楽に弾けます。

「炎」BメロにG/Bが出てきます。普通のGから6弦をぬいた形になりますが、そのまま中指・小指で押さえているとB♭からがつながりにくいです。人差し指・小指で押さえるようにしましょう。B♭の人差し指をそのままスライドさせてください。そしてG/Bを弾いているときに次のCを考えて薬指で5弦をねらっておきましょう。後半、スムーズになってきましたね。その意識を忘れないようにしてください♪

最新記事

すべて表示

21/07/24 No.116 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●アルペジオ練習 ●「炎」LiSA ストローク、アルペジオなどは一つ一つはきれいに弾けています。あとはできるだけコードの間をあけないように、ゆっくりのテンポでスムーズにつなげられるようにしていきましょう。 「炎」サビ頭まで確認できました。だんだんとコードが増えてきたので覚えるのが大変になっていきます。形を丸暗記するだけでなく、似たようなコードを結びつ

21/07/24 No.120 MTさん

アコギ ●フィンガリング ●ストロークver1 ●「炎」LiSA Gの鳴りがよくなりました。1弦小指の音もしっかり出ています。油断すると薬指が5弦中指を邪魔するので注意しましょう。ストロークのアップは自分が思ったより右手が上がっていなかったりするので、しっかり上げるようにしてください。 「炎」サビのE→D#m7(-5)は薬指を残してチェンジしますが、それ以外の指が人差し指先行になっています。人差し

21/07/20 No.119 HKさん

アコギ ●チューニング ●コードについて 各弦をどの音にチューニングしたらいいかを覚えていきましょう。6弦からE、5弦がA、その後D、G、B、E(2オクターブ上)と続きます。 チューナーは一番近い音を拾って表示します。例えば6弦をチューニングしたい場合。現在の音がEに近い音であれば勝手にEを表示してくれるので問題ないですが、大幅にズレてCに近い音だったりするとCと表示されます。真ん中(緑のランプ)