エレキギターレッスン

​エレキギターとは

弦の振動を電気信号に変え、ケーブル→アンプへと繋ぎ音を出すギターです。(もちろん生音も出ます)アンプでボリュームを上げるためバンドの中でもベースやドラムに負けないほどパワフルです。エレキギターの魅力は何と言ってもそのサウンドでしょう。アンプ直のどストレートなロックサウンドから、エフェクター(音色を変える機材)を駆使して怪しげなサウンド、スペーシーなサウンド、摩訶不思議?なサウンドまで、実に多彩な音を奏でることができます。アコギとは一味違った存在感。エレキのアプローチ次第で楽曲の雰囲気はガラッと変わります。様々なテクニック、音色で楽曲にあなただけの色をつけていきましょう。

​エレキギターレッスンの流れ

​生徒さまのレベルにあわせたところからスタートします。

●各部名称

●エレキギターの仕組み

​●アンプへの繋ぎ方、機材セッティング

​から始まり

フローチャート矢印

​更には

●コードの押さえ方

●リフやバッキングのコツ

●チョーキング、カッティングなどの基本テクニック

​●エフェクターの効果的な使用方法

フローチャート矢印

●コード理論

●スケール理論

●アドリブソロ

​●楽曲を活かすアプローチ方法

など

基本的なところから、エレキならではの定番テクニック、サウンドの作り方、アドリブソロの弾き方・そのための知識などを学んでいきます。

​エレキギターレッスンの具体例

実際の生徒さまをモデルにしたレッスンの具体例です。

●50代・男性

●経験:独学

●レッスン受講のきっかけ:アドリブソロが弾けるようになりたくて。娘も音楽をやっているので一緒に楽しみたくて。

初回

独学が長かったせいか、あまり良くないクセがついているので一つ一つ確認しながら修整していきます。左右の手のタイミングが合っていないのが一番の課題です。指のうごきのかたさもあります。

「指が思い通りに動かないのは筋肉の問題よりも○○の問題です。まずはゆっくりのテンポで△△の練習をしましょう。」

​→コツがつかめました!わずかですが指が以前より楽に動きます。

フローチャート矢印

2回目~3ヶ月

指のトレーニングを徹底しながら、ピッキングのタイミングも修整していきます。

「ピッキングが思い通りにならないのは○○の状態になっているからです。△△を意識して弾いてみましょう。」

​→ピッキングのズレが修整され左右のタイミングが合うようになってきました!

フローチャート矢印

4ヶ月~半年

指のかたさもとれ徐々に左右のタイミングが合うようになってきたので、コード理論とアドリブの考え方について解説していきます。

「コードはある時点から丸暗記では通じなくなります。○○を覚えていきましょう。合わせて△△もあるということを知ってください。」

​→少しずつコードの意味がわかってきました!曲がどのように作られているかも見えてきました。

アドリブは最初、何をやったらいいのかが見当もつきませんね。

「いきなりかっこいいアドリブソロを弾くことは難しいです。まずは○○だけを覚えて、△△をするということだけ意識しましょう。」

​→それなりのアドリブの形になりました!難しく思えていたアドリブができそうな気がしてきました。

フローチャート矢印

7ヶ月~9ヶ月

アドリブの初歩的なコツは理解しても、自由度の高いアドリブをするにはかなりの道のりです。少しずつアドリブの範囲を広げていきます。

「○○だけをしていたので次は○○以外に△△するようにしましょう。」

​→さらにアドリブらしくなりました!

​とりあえず「つじつまの合う」アドリブはできるようになってきました。ここからが本番です。

フローチャート矢印

10ヶ月~1年

さらにアドリブの自由度を高めていきます。講師と交互にアドリブの掛け合いをしながらより実践的な練習をしていきます。

「○○を決め、固定しましょう。そこから一部だけを△△にしてください。どう△△するかは自由です。難しく考えず気軽に。」

​→自由度が少しずつ上がり、アドリブが楽しくなってきました!アドリブに対する考え方も大きくかわりました。

自分一人の演奏では気づけなかった、人と合わせることの難しさがわかってきます。

「演奏中のテンポは○○ではなく△△するものです。小節の□□を意識しましょう。」

​→人と合わせるコツがわかってきました!曲の聞き方や演奏中の意識も変わってきました。

良くないクセがついていたので時間がかかりましたが、アドリブソロも形になってきました。コツがわかると楽にアドリブに取り組めるようになります。娘さんとのセッションもできたそうで、動画も見せていただきました。以前よりも音楽を楽しんでおられます。上達のペースは人それぞれです。生徒さま一人一人にあわせ、状態を見ながら丁寧に指導していきます。