ギターフレットの正しい押さえ方

今回はギターやベースのフレットの押さえ方についてです。
皆さんは正しく押さえられていますか?

一般的には、フレットの真上ではなくフレットのギリギリを押さえることが良いとされていますね。
まぁ、正しいです(笑) 僕もレッスンでそうお伝えしています。

フレットの真上では音がつまるし、ヘッド方向に寄れば寄るほど音がビリついてきます。
余計な力も必要になりますね。フレット枠内の、ボディ側ギリギリの方が押さえる力が少なくて済みます。

というわけでフレットのギリギリを押さえていれば大丈夫なんですが。
そもそも何がギリギリなのか?が問題です。

指でしょ、って?
うん、指ですよ(笑)

じゃ、指のどこですか?
って話です。

指のどこで押さえるのか

指の断面は真四角ではありません。
円形だったり楕円だったりでしょう。

フレットの押さえ(指が四角なら)

仮に真四角だとしたら、普通に押さえれば接地面との隙間(赤丸部分)はできません。
しかし円形なので必ず指の端には隙間ができます。
ここが問題です。

フレットの押さえ(指との隙間)

弾きながら自分の手元を見たとき、指の幅ギリギリのポイントでフレットを押さえていたら。
ギリギリで押さえているように見えたら。(青線部分)
弦に一番“圧のかかるポイント”はフレットのギリギリではありませんよね?

この状態でも、ある程度経験のある人は綺麗な音が出せます。
でも苦手なコードがある場合(一般的にはFやBなど)には、このズレが命取りになりかねません。
“見た目のギリギリ”では綺麗な音が出せるとは限らないのです。

指の太さ・皮膚の柔らかさ・肉の厚み等で加減が変わるので、なかなか見極めが難しいんですが。
自分の指の“本当のギリギリのポイント”を見つけましょう。
見た目のギリギリではなく、弦に一番圧のかかるポイント(赤点部分)をできるだけギリギリに、です。

フレットの理想の押さえ方

力加減にも注意しましょう。
基本的に左右どちらとも脱力できたほうが良いです。
ギターの構造上、弦がフレットに触れた瞬間に音は鳴るので。それ以上力を入れる必要はありません。

この脱力と押さえるポイントが意識できればクリアな音が出るようになります。
苦手なコードも克服しやすくなるでしょう。
実際、ある生徒さんはこれを意識するだけでFコードの鳴りが改善しました。

いまいちコードの音が綺麗に鳴らないな、という人は押さえ方を見直してみてください。
思い切って指がフレットから“はみ出して見える”ポイントに置くと、意外に鳴るかもしれませんよ。
ただし、はみ出しすぎは禁物です。

もし指の断面が真四角な人がいたら、この話は気にしなくていいです(笑)