楽器と体型

さて、早くも1月が終わりますね。

みなさん、正月太りしましたか?
解消できていないままの人もいるのではないでしょうか。

僕?
僕は相変わらずのスリムボディですよ(笑)
ジャパ○ットた○たの創業者なら「見てくださいっ!この!スリムッボディー!!」って高い声で紹介してくれるでしょう。

楽器はどんな人でも楽しめます。いくつになっても。
しかし、ギターやベースほど体型を選ぶ楽器は他に無いのではないかと思います。

というわけで今回は楽器と体型についてです。

どう弾く楽器なのか

楽器と一口に言っても様々なものがあります。
が、ほとんどが身体との“接触面積が少ないもの”ばかりです。

「手」はあたりまえだとして。
管楽器なら口が触れた状態。
バイオリンならアゴ。肩。
鍵盤やドラムなら手以外は触れません。(椅子には座っている)

こんなもんでしょう。
ところが、ギターとベースは肩にかついでお腹のあたりが広く触れるわけです。
ギターやベースを弾いている人ならわかるでしょうがちょっとボディの角度を変えただけで急に弾きづらくなったりしますよね?

自分の身体からギターのボディが離れるほど当然難しくなります。
ということは・・・

お腹が出ている人は、ギターにむいていませんよ!(笑)

特にアコギは影響が出やすいです。
ボディ自体に厚みがあるので、ただでさえ自分の身体より遠い位置で弾くことになります。
さらにお腹がドーンと出ているとしたら・・・
弾けますか?(笑)

体型の違いによるギターへの影響

どう対応するか

お腹が出ていてギターやベースが弾きづらいなら
一番の解決法は、お腹周りをすっきりさせることです。
が、すぐには難しいですね。

ならば、構え方を色々試行錯誤するしかないでしょう。
真正面(肩のラインに対してボディが完全に並行)で構える人がたまにいますが、
ギターやベースはやや斜め(ネックが左前に向く)に構えるのが自然です。

ギターの構え方

お腹の肉が前だけで横にはついていないという人はいないでしょうから
斜めに構えたところで多少ボディは遠くなりますが。
真正面よりはマシでしょう。

次にストラップを短くして、ギターのボディを自分のお腹の上に乗せるような形をとってもいいですね。手元も見やすいし。

あとはボディが超小型のものを選ぶか。
じゃウクレレか(笑)

お腹が出ているとギターやベースが弾けないと言っているわけではないです。
ちょっとハンデだよ、ってことです。
痩せている人に比べてちょっと苦労します。

古くはB.B.キ○グから、最近だとクリストー○・キ○グフィッシュ・イ○グラムまで
お腹出ていたってうまい人はいくらでもいますからね。

B.B.は昔は痩せていたけど、キ○グフィッシュは・・・まぁいいか(笑)

少しでも弾き心地を上げたいなら、技術を上げたいなら
たまには自分のお腹も気にしましょう。
ガリガリになる必要はないですよ。演奏に支障が出ない範囲ならOKです。

ギターやベースの人は特にです。
痩せられないならギターやベース以外の楽器も選択肢として考えましょう。

ただし、ギネスに載るくらい尋常じゃなく太っているとかならどんな楽器も無理ですからね。
ボイパとかならいけるかな(笑)