簡単なコードは実は例外

タイトルを見て
え?
と思ったそこのあなた。

先に言っておきますが、ギターに限った話です。
ピアノとかは関係ないけど読んでもいいよ(笑)

音楽でもスポーツでも。おおよその学習というものは全て
簡単な基礎から始めます。

ギターなら、まず
開放弦をまじえた(オープンコードといいます)CやGを習う、
または独学で覚えたりするでしょう。

そしてほとんどの人がFコードで引っかかってしまいます。
「なんだ、このFって・・・ホントに押さえられるのかよ・・・」
となります。

なのでCやGが基本で、Fはさらなるステップアップと捉える人が多いんですが

実は、Fが基本で
CやGはどちらかと言うと例外です。

そんなバカなー!!
というわけで解説していきましょう(笑)

どんな構造か

先にも書いたとおり、ギターに限った話ですよ。
ピアノでは例外はありません。

では、なぜギターとピアノで違うのか。
それは楽器としての構造が違うからです。

ピアノは図のように横一列に鍵盤が並んでいますね。(♭・♯系は省略しています)
右手にしても左手にしても、音を出すときは必ず鍵盤を押さえます。
“必ず”です。

ピアノ鍵盤の音名

一方、ギターはというと
音の並びは鍵盤のようにフレットが横一列です。(青丸は開放弦)
そしてそれが6列というかんじ。

ギター指板の音名

音を出すときに必ず? フレットを押さえますか?
押さえませんよね?

ギターは開放弦、つまりフレットを押さえなくても弦自体の音は鳴らせます。
ここがピアノとの大きな違いです。

どう影響するか

◉ピアノは音を出すときに鍵盤を必ず押さえる
◉ギターは音を出すときに必ずしもフレットを押さえるわけではない

さて、勘のいい人はもう気が付くと思うんですが(笑)

Cというコードを押さえるとします。
ピアノならシンプルにド・ミ・ソ、と。
ギターなら5弦からド・ミ・ソ・ド・ミです。(オープンコード)

次に横にスライドしてC#を押さえましょう。
ピアノならド#・ミ#(ファ)・ソ#
うん、OK問題なし。

ギターならド#・ミ#(ファ)・ソ・ド#・ミ〜
って、おや?
キモチワルイですね。

試しにもう一つ横へスライド。
ピアノならレ・ファ#・ラ でOK。
ギターではレ・ファ#・ソ・レ・ミ〜
ってやっぱりキモチワルイ。

わかりましたか?
ピアノは全ての音を指で押さえているので、スライドしてコードを変える場合に
音の変化量が同じになります。
半音(鍵盤一つ分)スライドさせれば、全ての音が半音動きます。
全音(鍵盤二つ分)スライドさせれば、全ての音が全音動きます。

ギターはというと
開放弦(図の青丸)を含んでいるので音の変化量が同じになりません。というか開放弦の箇所は変化しません。
半音スライドさせても、動くのは指で押さえているフレットだけで
押さえていないところは元の音のまま。
これによってコードの響きが崩れてしまいます。

つまり、ギターにおけるオープンコードは
そのポジションでしか使えないということです!

いや、手がないわけではないよ・・・・後述します。

応用できるのは

ピアノは鳴らす音の全てを指で押さえるので
スライドしても問題なく次のコードが鳴らせます。
C→C#→D→D#→E→F→F#→G→G#→A→A#→B→C
と、どこまでも応用がききます。

ギターは、オープンコードでは無理です。
しかしピアノのように鳴らす音を全部押さえているのなら
スライドしても応用がききますね。

覚悟はいいですか?

はい、Fの登場です(笑)
ジャーン!

ついでにBも登場させましょう。
ジャジャーン!!

ギターを始めたばかりの人には、かなり嫌われているFとBですが
これらのコードは鳴らす音の全てを押さえているので応用がききます。
そういう意味で、こちらのほうが基本なんです。

いや〜参ったね。
まさかFやBのほうが基本とはね。

先に書いたとおり
オープンコードもスライドできないわけではないですよ。

おぉ、それが聞きたかった!

開放弦を含む、ということは
“ゼロフレット”を押さえているのと同じです。
人差し指セーハの形です。

つまり、オープンのCなら
5弦から薬指・中指・人差し指と押さえるところを

小指・薬指・中指に変えて、人差し指でセーハ。
これで鳴らす音を全て押さえていることになるので、スライドしても応用がききます。

まぁ、でもこっちの方がFより難しいんだけどね。
できなくはないですが、実用的ではないということです。

「オープンコードだけでギターを極めるぜ!」
と思っていたそこのあなた。

いさぎよくFとBのフォームを覚えましょう(笑)